キャンプ用品

【2022】最新キャンプランタン選び!初心者完全ガイド!

キャンプランタン燃料別、明るさ別選び方&おすすめ紹介! キャンプ用品

キャンプランタンって何をえらべばいいの

ランタンは種類が沢山ありますし、何を選んだらいいかよくわからなくなってしまいますよね。失敗しない選び方を、初心者の方にも簡単に分かりやすく教えますので一緒に見ていきましょう。

もしこの記事を見てくださっているのが、初めてランタンを購入しようとしている方なら、断然電池式のランタンをおススメします。初心者でも扱いやすく、十分な明るさを保てるからです。

メインランタンとサブランタンでは必要な明るさが違いますので、その点も踏まえてしっかりと解説していきます。

ランタンの光源何にする?LED?オイル?ガス?

使用するランタンによって光源が違います。初めに話したように扱いやすいのは電池式のランタンです。熱を使用しないため子供でも扱えますし、手入れもいらず扱いやすいからです。

ただ、火の温かみや揺らぎを感じることが出来ないため慣れてきた2台目以降にはガス式やオイル式も試したいところですね。

  • 電池(充電)式
    燃料を使用しないので、手入れもいらず扱いやすい。明るさだけでなく、色温度を変えれたり充電できるモデルもある。

  • ガス式
    OD缶(アウトドア用)やCD缶(家庭用)を本体に取り付けて、火を灯す。寒いと点火しずらかったり、消えてしまう可能性も。

  • オイル式
    灯油・ガソリンなど。燃料は専用ボトルなどで持ち運ぶ必要がある。ススなどが発生してしまうため定期的なメンテナンスが必要

ランタンって何個あればいいの?

最低限メインランタン一つ持っていればいいですが、移動と共に持ち歩かねければなりませんのでサブランタンがあればより快適になります。

メインランタンとサブランタンの2つ持っていけば間違いありません

  • メインランタン:
    サイト全体を照らす用

  • サブランタン(テーブル):
    テーブルに置き手元や料理を照らす用

  • サブランタン(テント):
    テント内を照らす用

ランタンは何ルーメン位の明るさが必要なの?

メインランタンはサイト全体が照らせるものにしましょう。1000ルーメン以上の明るさがおすすめです。

サブランタンは、テント内やテーブルを照らすものとして使用します。近くで手元だけ照らしたりテント内を優しく照らす暗いが良いので、800ルーメンあれば問題ないでしょう。

  • キャンプに適している明るさ(ルーメン)を知ろう

    テントサイト全体を照らす:800~1000ルーメン以上


    少人数で一部を照らす:400~700ルーメン


    寝室やテーブルを照らす:100~300ルーメン

ランタンスタンドは必要?

結論一つはあった方が良いです。せっかくサイト全体を照らせるメインランタンを持っていても、目線近くにあると眩しすぎますし、全体を照らすことは出来ません。

スタンドを使用して高い所から照らすことでサイト全体を照らせますし、夏場は特に虫が寄ってくるので遠くに置けるのも良い点です。

スタンドまでなくてもランタンハンガーと言ってポールなどにかけれるモノがあり、そちらの方が小さく安価で使えます。デメリットはかけれるところがなくてはならないので、配置を自由に変えることが出来ない点です

ランタンの配置方法は?

メインランタンの配置はタープがあればタープ下、無ければテーブルから1m程離したところがいいでしょう。サブランタンは、テーブル全体を照らせる位置テントの上部がベストですよ。

オススメのランタンが知りたい!

メインランタン

LUMENA2(ルーメナー)

言わずと知れた大人気シリーズ『ルーメナー』。軽量かつスタイリッシュで明るさは文句なしの最大1500ルーメン

明るさや、色は細かく設定できるので自分好みにカスタマイズできるのも良いですよね。

さらに機能面も防水・防塵・耐衝撃と至れり尽くせりで、充電はUSBで長時間利用可能。モバイルバッテリーにもなる文句のつけようのない一品です。

CLAYMORE (クレイモア) ULTLA3.0

こちらも人気メーカー『クレイモア』。様々な種類や用途のライトやランタンを発売していますが今回は『CLAYMORE ULTLA3.0』を紹介。

サイズ展開はM・L・Xの3種類あり、最大2200・2700・3200ルーメン。明るさや充電容量に違いがありますので少人数から大人数のキャンプまで用途に合わせて選びましょう。

機能面も防水・防塵ついていますし、無骨な見た目が好きな方は特におすすめです。

サブランタン

GENTOS(ジェントス) EX‐366D

LED最大シェアを誇る『GENTOS』の大人気シリーズ『EXPLORER』。見た目が従来のランタンぽくもありながら上部まで明るくなるので全体的に照らすことができます。

最大1000ルーメンで明るさや色温度も変えられます。点灯時間11時間~39時間(強モード)。メインランタンとしてもサブランタンとしても使えるのが良いですね。

電池式ですが、専用電池、単1、(付属の専用カートリッジ)で単3・単4も使用可能。耐水・耐塵

DIETZ(デイツ)

ニューヨーク発祥の老舗『DIETZ』。クラシックな見た目のオイルランタンで、古くからハリケーンランタンとして知られています。

燃料はランタン用パラフィンオイル(または白灯油)を使用します。定期的なお手入れや芯などの交換が必要になりますが何といってもロマンがあります。

大自然、チェアに深く腰掛けゆったりとハリケーンランタンの揺らぐ炎を眺めるのも良いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました